レイクの審査は銀行レベルだと思っておいたほうがいい

レイクはもともと消費者金融でしたが、新生銀行に買収され今では銀行カードローンとしてキャッシング業務を行っています。
そのためサラ金と銀行の両方の性質を持っていますが、そこで気になるのは審査の通過具合ですよね。
銀行のように厳しいのか、はたまた消費者金融のように甘いのか…どちらなのでしょうか?


レイクの審査は銀行並みだと思っておくといい

正直、通過具合についてはなんとも言えません。
ただ消費者金融と融合しているため、銀行カードローンの中では甘い方だと思います。
しかし油断は禁物ですので、銀行並みに厳しいと心得ておくといいでしょう。
実際、総量規制対象外になることや利用限度額が500万円だということを考えると、消費者金融よりも厳しくなることが予想されます。
年収を気にせずに大金を借り入れるとなるとそれだけ信用度が求められると思うので、自分のキャッシングをあらかじめ整理しておくといいでしょう。


レイクの審査を受ける上で気をつけておくべき点

では、具体的にどんなところに気をつけておくといいでしょうか?
キャッシングの審査で見られるのは借り入れ件数・勤務状況・借り入れ履歴です。
借り入れ件数はなるべく少ない方がいいですし、安定した収入と長期にわたる勤続年数を持っていたほうがいいですし、過去に返済の延滞や債務整理がない方が望ましいです。
この3点だけ押さえておければとりあえず大丈夫ですので、特に問題がないという人は一度レイクの借り入れに申し込んでみましょう。